FoltiaHD インストール on CentOS

foltia公式HPのキャプチャ画像

LinuxでFriioやPT1などを使って地デジ録画サーバが建てられるWebUIベースの予約録画ソフト

公式HP:http://www.dcc-jpl.com/soft/foltia/

・foltiaとは

アニメをらくちんに録画する、Linux上で動くシステムです。番組名と放映局を指定しておけばあとはなにもせずに毎回録画されます。野球で時間がずれても毎回期待通り録画されます。
録画したアニメは自動的にH.264/AVCに変換されてiTunesに降ってくるのでそのままiPodで持ち出せます。

主な機能としては

  • 地デジ番組の予約録画
  • MPEG4/H.264トランスコード機能(iPod VideoとPSP、Webブラウザなどで視聴可能形式)
  • video podcastのしくみを使ったiPod自動シンク機能

(公式HPより。一部追加)


このfoltiaに必要なパッケージなどのインストールも含めたRev.88でのインストール方法。

環境は

  • OS:CentOS 5.2 i386
  • CPU:Celeron 440

必要なパッケージをインストールマニュアルなどから探してみると

  • httpd
  • postgresql、postgresql-server、postgresql-devel
  • php、php-pgsql
  • cpan2rpm
    (perlモジュールをyumでインストールする場合は不要)
  • ffmpeg
    (トラコンに必要)
  • mplayer
    (キャプチャ画像を切り取るのに必要)

EPGは現在tv_grab_jpがyumパッケージから削除されているため、機能しなものとしてインストールを行います。

前提として、ユーザはfoltia、CentOS上でfriioは使えているものとします。

1.foltiaを動かすためのユーザを追加

foltiaを動かすため、foltiaというユーザを追加します。

apacheで動かしてもいいのですが、postgrsqlのユーザやfoltiaに含まれる設定自体をよく見ていないので、公式に書いてあるとおりにするのが一番確実かなぁと。

[root@centos~] useradd foltia
[root@centos~] passwd foltia

ユーザ「foltia」のパスワードを設定

2.yumでインスコできるものをサクっとインスコ

httpd、postgresql、phpは特にこだわりが無ければyumでのインスコが一番楽なのでyumで入れてしまいます。

[foltia@centos~] su
[root@centos~] yum -y install httpd postgresql postgresql-server postgresql-devel php php-pgsq ImageMagick
[root@centos~] exit

3.cpan2rpmのインスコ

perlモジュールのインストールに必要なcpan2rpmをインストール

(参照サイト:CentOSで自宅サーバ構築-Perlモジュールパッケージ管理システム導入)

[foltia@centos~] wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/cpan2rpm/cpan2rpm-2.027-1.noarch.rpm
[foltia@centos~] rpm -Uvh cpan2rpm-2.027-1.noarch.rpm
[foltia@centos~] rm -f cpan2rpm-2.027-1.noarch.rpm


4.ffmpeg及びmplayerのインストール

foltiaをインストールするに当たって一番めんどくさいのがffmpegかと。

rpmforgeにあるffmpegは古いのでfoltiaを使うには適さないっぽい。

ということでソースからインストール。

[foltia@centos~] su
[root@centos~] yum -y install subversion automake gcc gcc-c++ libtool
[root@centos~] echo "[dag]" >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[root@centos~] echo "name=Dag RPM Repository for Redhat EL5" >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[root@centos~] echo 'baseurl=http://apt.sw.be/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag' >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[root@centos~] echo "gpgcheck=1" >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[root@centos~] echo "enabled=0" >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[root@centos~] echo "gpgkey=http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt" >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
[root@centos~] yum -y --enablerepo=dag install yasm git
[root@centos~] mkdir /tmp/install/
[root@centos~] cd /tmp/install/
[root@centos install] wget http://www3.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/codecs/essential-20071007.tar.bz2
[root@centos install] tar jxvf essential-20071007.tar.bz2
[root@centos install] mkdir /usr/local/lib/codecs
[root@centos install] mv /tmp/install/essential-20071007/* /usr/local/lib/codecs/
[root@centos install] chmod -R 755 /usr/local/lib/codecs/
[root@centos install] git clone git://git.videolan.org/x264.git
[root@centos install] cd x264
[root@centos x246] ./configure --enable-shared
[root@centos x264] make && make install
[root@centos x264] cd /tmp/install/
[root@centos install] wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/faac/faad2-2.7.tar.bz2
[root@centos install] tar jxvf faad2-2.7.tar.bz2
[root@centos install] cd faad2-2.7
[root@centos faad2-2.7] sh bootstrap
[root@centos faad2-2.7] ./configure --prefix=/usr
[root@centos faad2-2.7] make && make install
[root@centos faad2-2.7] cd /tmp/install/
[root@centos install] wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/RPMS.dag/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
[root@centos install] rpm -Uvh rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
[root@centos install] rm -f rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm
[root@centos install] sed -i "s/enabled = 1/enabled = 0/g" /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo
[root@centos install] yum -y --enablerepo=rpmforge install a52dec-devel faac-devel
[root@centos install] echo "/usr/local/lib" >> /etc/ld.so.conf.d/lib.conf
[root@centos install] ldconfig
[root@centos install] svn co svn://svn.mplayerhq.hu/mplayer/trunk mplayer
[root@centos install] svn co svn://svn.mplayerhq.hu/ffmpeg/trunk ffmpeg
[root@centos install] cd mplayer
[root@centos mplayer] ./configure --prefix=/usr
[root@centos mplayer] make && make install
[root@centos mplayer] cd /tmp/install/
[root@centos install] cd ffmpeg
[root@centos ffmpeg] ./configure --enable-libmp3lame --enable-libx264 --enable-libxvid --enable-libfaac --enable-libfaad --enable-pthreads --enable-gpl --enable-shared --enable-nonfree --prefix=/usr
[root@centos ffmpeg] make && make install
[root@centos ffmpeg] cd /tmp/install/

5.cpan2prmで必要なperlパッケージを追加

yumでもできますが、依存関係で怒られるの嫌なので。

[root@centos install] cpan2rpm --instal Time::HiRes
[root@centos install] cpan2rpm --instal Schedule::At
[root@centos install] cpan2rpm --instal DBI
[root@centos install] cpan2rpm --instal DBD::Pg
[root@centos install] cpan2rpm --instal Jcode

6.foltia本体を入手

tarでもらってきてもいいのですが、Revが古い場合もあり、先ほどのffmpegでsubversionをインストールしているので、checkoutします

[root@centos install] su - foltia
[foltia@centos~] cd /home/foltia
[foltia@centos~] svn co http://svn.dcc-jpl.com/foltia/trunk foltia
[foltia@centos~] mv foltia/install/* /home/foltia/

7.httpdの設定を変更。

ユーザ名を「foltia」へ変更、defaultcharcterがUTF-8だった場合、無効にします。

また、エイリアスを使いhttp://server/foltia/でfoltiaへアクセスできるようにします。

[foltia@centos~] su
[root@centos~] vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

User apache

User foltia

AddDefaultCharset off

もしくは

#AddDefaultCharset UTF-8

[root@centos~] vi /etc/httpd/conf.d/foltia.conf

Alias /foltia/ “/home/foltia/php/”

<Directory “/home/foltia/php/”>

</Directory>

[root@centos~] /etc/init.d/httpd start
[root@centos~] chkconfig httpd on

(この部分はfoltiaインストールマニュアルまんま。)

8.データベース設定

postgrsqlとか使ったこと無かったのでそのままインストールマニュアルに従います。

[root@centos~] su - postgres
[bash-]$ initdb --encoding=EUC_JP
[bash-]$ exit
[root@centos~] /etc/init.d/postgresql start
[root@centos~] chkconfig postgresql on
[root@centos~] su - postgres
[bash-]$ createuser --no-adduser --no-createdb --password foltia

パスワードを入力

[bash-]$ createdb --owner foltia foltia
[bash-]$ exit
[root@centos~] vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf

#listen_addresses = ‘localhost’

listen_addresses = ‘localhost’

[root@centos] /etc/init.d/postgresql restart
[root@centos] su - foltia
[foltia@centos~] cd /home/foltia
[foltia@centos~] psql -f mktable.txt foltia

9.gpacのインストール

MP4BoxというコマンドでMP4ビルドするためにgpacをインストール。

[foltia@centos~] su
[root@centos~] cd /tmp/install/
[root@centos~] yum -y install zlib-devel libX11-devel libXt-devel
[root@centos~] wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/gpac/gpac-0.4.5.tar.gz
[root@centos~] tar zxvf gpac-0.4.5.tar.gz
[root@centos~] cd gpac
[root@centos~] chmod 544 configure
[root@centos~] ./configure --disable-wx
[root@centos~] make lib
[root@centos~] make apps
[root@centos~] make install

(参照サイト:SE奮闘記-【Linux】Gpac(MP4Box)のコンパイル→インストールメモ)


10.foltia設定

ここは自分の使う環境に合わせてください。

[foltia@centos~] cp /home/foltia/perl/foltia_config1.pl.template /home/foltia/perl/foltia_config1.pl
[foltia@centos~] cp /home/foltia/php/foltia_config2.php.template /home/foltia/php/foltia_config2.php
[foltia@centos~] vi /home/foltia/perl/foltia_config1.pl
[foltia@centos~] vi /home/foltia/php/foltia_config2.php

こんな感じでインストールできるかと。

自分で使った感じでは、そのままだとトラコンできない感じです。

gpac関連だったような感じもしましたが、4.5では改善されたのかな?

参照サイト一覧

・foltia公式ページ、インストールマニュアル、ガイド

http://www.dcc-jpl.com/soft/foltia/

http://svn.dcc-jpl.com/foltia/trunk/doc/index.html

http://svn.dcc-jpl.com/foltia/trunk/doc/manual/index.html

・cpan2rpmの導入

http://centossrv.com/cpan2rpm.shtml

・gpacの導入

http://se-suganuma.blogspot.com/2008/06/linuxgpac.html