PHPMotion インストール スクリプト

スクリプトなんて大げさなこと書きましたが実際

#!/bin/sh

みたいな感じでぐだぐだ書いただけです。

ただ

chmod +x phpmotion.sh

./phpmotion.sh

をすればPHPMotionに必要なものは一通り入るようになってます。

スクリプト:phpmotion.sh.txt

このスクリプトでのffmpeg configureオプション

./configure –enable-libmp3lame –enable-libx264 –enable-libxvid –enable-libfaac –enable-libfaad –enable-pthreads –enable-gpl –enable-shared –prefix=/usr

以下、必要なものと構成、使用上の注意など。

まずこのスクリプトの想定環境は

・CentOS 5.0~5.2 i386(インストール後の初期状態、x64でも使えるかも知れませんが64はあまり試す気がないので。)

インストール時に必要なもの

・phpmotion v2.1(PHP5のほう)

http://phpmotion.com/forum/index.php/topic,2974.0.html

download

download2

phpmotion.sh.txt(.txtを削除し、phpmotion.shに変更してください。)

download3

インストール手順

1.rootディレクトリに「phpmotion.sh」と「PHP5.zip」をアップロード

(/root/)

winscp

2.phpmotion.shに実行権限を与える。

(chmod +x phpmotion.sh や chmod 755 phpmotion.shなど)

chmod

3.rootになってphpmotion.shを実行する。

(./phpmotion.sh)

phpmotionsh

すべてのインストールが終了するまで30分くらいかかります。ご飯食べるなりアニメ見るなりお風呂入るなりしてれば終わってるかと。

4.mysqlでデータベースを作る。

mysql -u root -p  :パスワードを設定しているとき。

mysql -u root    :このスクリプトでインストールしたとき。

mysql

grant all privileges on databasename.* to user@localhost identified by ‘password’;
*databasename、user、passwordは自分で設定

create database databasename;

exit

5.phpinfoでffmpegがあるかを確認。

スクリプトによってphpinfo.phpも書かれるのでそのまま

http://127.0.0.1/phpinfo.phpへアクセスしてください。

(127.0.0.1は設置したサーバのアドレスへ)

phpinfo

このように表示されていれば大丈夫です。

6.phpmotionの設定を行う。

http://127.0.0.1/video/setup/へアクセスする。

phpmotion_1

パーミッションチェックはスクリプトが自動で設定するようになっているのでこの画面までこれていれば大丈夫です。

phpmotion_2

チェックが通ったところ。

phpmotion_3

ここにuserdatabasenamepasswordを入力し、一番上はlocalhostを入力。

phpmotion_4

各種設定。ここはお好きなように。

phpmotion_5

これでおkです。admin:adminでログインし、いろいろ設定したいところはしてください。

特に設定しなくても使えるっちゃ使えます。

このページから離れたら

rm -rf /var/www/html/video/setup/

でセットアップのフォルダを削除してください。

注意事項としては、

1.デフォルトでは有効になりませんが、rpmforgeとdagのリポジトリを追加する設定になっています。

初期インストール後に有効にした場合無効に変更されますので変更されたくない場合、その部分を削除してください。

echo “[dag]” >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
echo “name=Dag RPM Repository for Redhat EL5” >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
echo ‘baseurl=http://apt.sw.be/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag’ >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
echo “gpgcheck=1” >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
echo “enabled=0” >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
echo “gpgkey=http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt” >> /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

sed -i “s/enabled = 1/enabled = 0/g” /etc/yum.repos.d/rpmforge.repo

2.インストールに必要なものは勝手にインストールされます。

これは必要ないだろう!っておもうもの(php-gdなど)があればその部分を削除してください。

以下、インストールされるもの。

yum -y install yum-fastestmirror
yum -y install wget
yum -y install unzip
yum -y install subversion
yum -y install automake
yum -y install gcc
yum -y install gcc-c++
yum -y install libtool
yum -y install ruby
yum -y install mysql-server
yum -y install php php-cli php-gd php-mysql
yum -y install php-devel

yum -y –enablerepo=dag install yasm git

yum -y –enablerepo=rpmforge install a52dec-devel faac-devel

インストール時に書き換えられるphpmotionファイル

・/var/www/cgi-bin/uu_default_config.pm

・/var/www/cgi-bin/audio/uu_default_config.pm

# http://localhost/video/の/video/を追加しないとアップロードでエラーが出るのでまずはvideoという文字列を追加

sed -i “s/path_to_upload           => ‘/path_to_upload           => ‘video/g” /var/www/cgi-bin/uu_default_config.pm

sed -i “s/path_to_upload           => ‘/path_to_upload           => ‘video/g” /var/www/cgi-bin/audio/uu_default_config.pm

sed -i “s/redirect_url             => ‘/redirect_url             => ‘video/g” /var/www/cgi-bin/uu_default_config.pm

sed -i “s/redirect_url             => ‘/redirect_url             => ‘video/g” /var/www/cgi-bin/audio/uu_default_config.pm

sed -i “s/ENV{‘DOCUMENT_ROOT’} . ‘/ENV{‘DOCUMENT_ROOT’} . ‘video/g” /var/www/cgi-bin/uu_default_config.pm

sed -i “s/ENV{‘DOCUMENT_ROOT’} . ‘/ENV{‘DOCUMENT_ROOT’} . ‘video/g” /var/www/cgi-bin/audio/uu_default_config.pm

# 次に追加したvideoを/videoに正規表現で置換

sed -i ‘s/video/\/video/g’ /var/www/cgi-bin/uu_default_config.pm

sed -i ‘s/video/\/video/g’ /var/www/cgi-bin/audio/uu_default_config.pm

もっとスマートな書き方があるような気もしますがまぁそこはご愛嬌